« 本日の休日。 | トップページ | 厄除け。 »

芸術作品のこと。

Bunkamuraミュージアムでやっている、“モネとジヴェルニーの画家たち”を見てきました(*^_^*)
ジヴェルニーは、モネが晩年を過ごしたフランスの村で、当時、その明るい光に憧れて、沢山の画家が集まってきたという、自然芸術に溢れた美しい村です。
行ってみたいです。
ちなみに、私の前のアドレスは、givernyでした@(^●^)@

モネの絵は、なぜ多くの人に慕われるのでしょう?

明るい色彩、
柔らかい感じ、
光の描き方、、

どれも、モネにはかかせない魅力の一つですが、それらに加えて、絶妙なバランスのリズム感が、一つの大きな要因であると思われます。

確かな美的バランスによって、色彩や絵の具の厚み、筆の勢いなどが、様々なリズムを生み出しているのです。

他の画家を見ると、歪んでいたり、美しいけど単旋律だったり、悪くないけどアクセントが無かったり。。
それは、言いかえれば、バランスが悪く、平面的で、惹かれない、、ということになります。
ヒ、ヒドイ^^;

もちろん、美しい作品はたくさんありますが、より多くの人の心に届く、とはどういうことか?ということです。

ここからは、なるべく作品を、立体的に考えてみてください。

絵なのですから、一見、それはそれで良さそうですが、それにより共通して生じる問題は、‘うねり’が生まれないということです。

‘うねり’とは、グルーブにも似たある種のゆらぎであり、そのものに深みを与え、人の心まで届かせる役目を担います。

アクセントによってリズムが生じ、リズムによって波が生じ、波と波が重なりあうことによって、更に、うねりが生まれるのです。

ということは、根本的にいくつかのリズムがないと、うねりは生まれず、またうねりの無い作品は、ある人にとっては魅力的でなく、つまらないものになってしまうということです。

モネの絵画には、色彩や筆の使い方など、すべてにリズムがあり、そのリズムが波となり、うねりとなり、人々の心に浸透し、今日でも、多くの人を魅了してやまないのです。

さて、少し立体的に感じれたでしょうか?よく「この絵にはオーラがある」などと言ったりしますが、それはまんざら嘘でもなく、二次元世界から抜け出して、皆さんの心に入っていく‘なにか’が、芸術作品にはあるのです。

私達は三次元に生きています。
この世界に生まれる芸術作品もまた、三次元なのです(^ ^)


と、長々真面目腐ったところで、美術館前のおいしい釜焼きピッツァを食べてきましたよ(o^^o)
DC0CE5B1-B453-4FAC-8401-D59CDB88ECB2
あぁ~、トマトとアンチョビの組み合わせは、芸術だわねぇ~♪o(^ ^)o


クロード・モネの、
[積みわら]
3A844A87-6B95-4FCF-9E5E-B8B8515B4279

ジョン・レスリー・ブレックの、
[積みわらの習作]
DE4DF830-4C5F-4611-B751-3CF761034D8F

あたしは、これが、おにぎりに見えてしょうがなかったw

|

« 本日の休日。 | トップページ | 厄除け。 »

論。」カテゴリの記事

コメント

なるほど!確かに魅力的な芸術作品とは得てして立体的なことが多いよね!
色々通ずる感じがする。そういうことを話し出すと5時間くらい軽く経っちゃうよねー(^^;;

投稿: トミタ | 2011年1月10日 (月) 05時45分

Givernyには2年ほど前に行ったことがありますが、カーナビが無かったら着かなかっただろうなぁと言うくらいのとても小さな田舎の村でした。モネの家の庭がとてもきれいで、彼の絵のように様々な色の草花が良く手いれされていました。モネの絵のリズムがお好きなのであれば、パリのマルモッタン美術館の”印象日の出”がおすすめかなと思います。波間に反射する日の光と波のリズムが絶品です。あと、同じパリのオランジュリー美術館の睡蓮は物理的に三次元です。 楕円形の部屋の壁に展示されていますので・・・・ :-)

投稿: Nobu | 2011年1月11日 (火) 00時50分

見える見える!おにぎり!!
ほどよい丸みが・・・笑

昔の絵って宗教画が多いし、なんかのっぺり
してて、あんま好きくないんだよね・・・。
でも昔の音楽は好きだべよ。笑

明けましておめでとー☆
今年もよろしくね♪
遊ぼうねーん♪♪

投稿: ゆず | 2011年1月11日 (火) 01時50分

トタ、そうだねぇ~、5時間くらい経っちゃうねぇ(^ ^)
夜な夜な語っていたころが、懐かしい。。

投稿: yuko | 2011年1月11日 (火) 16時19分

オランジェリー美術館は行ってみたいです!!
工事終わりましたかね?!
円形のお部屋の真ん中で、睡蓮に囲まれて、贅沢にお昼寝したい(笑;)
印象日の出も良いですね♪
点描画っぽい筆使いの方が、モネらしさがわかりやすくて好きなのですが、そうじゃないやつにも、やっぱり個性が出ていて、いいなぁと思います。
何より、ジヴェルニーへ行っただなんて、
うらやましぃー!!

投稿: yuko | 2011年1月11日 (火) 16時28分

ゆず、そーだねぇ、のっぺりしてるよねー、日本の昔の絵なんて、超平面だしねぇ。まぁ、それが素晴らしいらしいけど。。

ヨーロッパ行きたいねぇ♪(´ε` )
できれば、あたたかい時に…^^;

今年もよろしく~!
また、連弾でもしよう♪

投稿: yuko | 2011年1月11日 (火) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本日の休日。 | トップページ | 厄除け。 »